横須賀市で長く働ける保育求人を探す際に大切なこと

保育6

横須賀市では、待機児童対策や児童福祉の充実などの影響により、保育所をはじめとした保育求人の数が年々増加しています。また、事業所によって同じような仕事内容であっても、待遇や役職名などに違いが見られます。そこで、求人に応募をする際は、自分のキャリアを生かせるところや、希望の収入を得られるところを探すことが重要です。

公立の保育所は狭き門となっている

横須賀市の公立の保育所に勤務をする正職員の保育士は、地方公務員の待遇で定年まで安定して働けることもあり、周辺に住む求職中の保育士の有資格者にとって、魅力的な働き方として捉えられるようになっています。また、保育所内で経験を積んだ後に、市役所内の児童福祉に関する部署や児童相談所の一時保育所への異動を命じられることもあり、様々な職場でキャリアを生かせるという魅力があります。

公立の保育所で正職員として働くためには、横須賀市の職員採用試験に合格をする必要があるため、余裕をもって一般教養や面接などの試験対策を始めることが大切です。年齢が高い人が採用試験を受験する場合には、担当者に良い印象を持ってもらうために、一次試験で高得点を取るのはもちろんのこと、面接で過去の保育業界における実務経験をアピールすることも大事です。

なお、公立の保育所の採用人数は、年度によって違いがありますが、数人から十人程度と少ないため、すぐに新しい職場で働きたい人は、求職活動中に民間の保育所の採用試験の受験も視野に入れることがポイントです。

社会福祉法人が運営する保育所は業務未経験者も採用されやすい

横須賀市内の社会福祉法人が運営する保育所の中には、慢性的に保育士をはじめとしたスタッフの人数が不足しているところが多くあり、業務経験者もやる気次第で採用されやすい状況となっています。特に、地域に根差した社会福祉法人においては、同じ職場で長く経験を積むことにより、公立の保育所に勤める保育士と同程度の待遇で働けることもあります。

そのため、将来にわたり保育士としてキャリアアップを図りたい人は、幅広い年齢層のスタッフが在籍している社会福祉法人の保育所を就職先の候補に決めることがおすすめです。

社会福祉法人によっては、民間の求人サイトを通じて常勤や非常勤の保育士の募集を行っているところもあり、ネット上で面接の応募や担当者とのメールのやり取りもできるため、誰でもスムーズに就職活動を進めることが可能です。

また、多様な人材を受け入れている社会福祉法人の保育所では、男性やブランクがある人を積極的に採用したり、新人や中途採用のスタッフの研修内容を大幅に見直したりしているところもあります。そこで、社会福祉法人の保育所の求人について少しでも興味がある場合には、すぐに担当者に問い合わせをしたり、就職説明会などのイベントの参加を検討したりすると良いでしょう。

株式会社が運営する認可外保育所は資格がない人でも働けることがある

横須賀市内にある株式会社が運営する認可外保育所の中には、人手不足をカバーする目的で、求人募集の際に有資格者だけでなく、保育士の資格取得に向けて勉強をしている人を採用するところも少なくありません。たとえば、都市部にある認可外保育所においては、早朝や夕方以降の勤務を担当するスタッフの不足が目立っているところもあり、保育士資格を持っていなくても育児経験がある人が重宝される傾向が見られます。

また、保育所によっては保育士試験の受験を検討しているスタッフを対象に勉強会を開いたり、資格取得のための費用を援助したりしているところもあります。そうした中、認可外保育所のスタッフとして働きながら保育士資格の取得を目指したい場合は、採用者に対するフォローが手厚いところや、業務の合間に様々な形で勉強ができるところを勤務先に選ぶことがおすすめです。

なお、自治体や社会福祉法人などが運営する保育所で長く勤めたことがある人や、施設長や主任保育士などの役職に就いたことがある人は、認可外保育所で好条件で採用してもらえるケースも珍しくありません。そこで、自分のキャリアを認可外保育所で役立てたい場合は、待遇にこだわって早い時期から求人探しを始めることがポイントです。

児童養護施設はハードな仕事が多く高収入を得やすい

保育9

横須賀市内の児童養護施設では、保育士が入所する子供たちの親代わりをするため、24時間体制で学習支援や生活上の相談対応、調理など様々な形のサポートが行われています。一般的に、児童養護施設で働く保育士は勤務時間が不規則になりやすく、ハードな仕事を任される機会が多い傾向が見られますが、業務を通じて様々な手当てが支給されるため高収入を得やすいといった特徴があります。

また、保育所や小中学校などで一定期間働いたことがある人は、児童養護施設でも経験を生かすことが可能です。児童養護施設の求人募集が行われるタイミングは不定期ですが、職員数が多い施設では一年を通じて常勤や非常勤の採用が行われることもあります。

なお、児童養護施設で初めて勤務を希望する求職者のために、施設見学を受け付けている法人も多くあるため、面接を受ける前に子供たちの様子や職員の働きぶり、施設内の雰囲気などをよく確認しておくことがおすすめです。


学童クラブの求人は短時間勤務も選びやすい

横須賀市内の学童クラブの求人は、保育所や児童養護施設と比べると短時間勤務を選びやすく、子育て中の人も保育士の資格を生かして都合の良い時間に働きやすいという特徴があります。また、保育士だけでなく、小学校や中学校の教員免許を持つ人は、時給が高くなったりやりがいのある仕事を任せてもらえたりするケースも少なくありません。

学童クラブの求人は非常勤の募集がほとんどですが、非常勤として数年程度働いた後に、勤務態度や職場内での評価などに応じて、常勤のスタッフに登用されることもあります。民間の学童クラブの運営者の中には、英語教育や野外活動などの様々なイベントを取り入れているところもあり、変化のある仕事に取り組みたい求職者にとって、魅力のある職場として位置づけられるようになっています。

その他、少数の職員で仕事を回している学童クラブにおいては、一人の職員が子供の世話だけでなく、事務作業や清掃、保護者対応まで様々な業務を担当することがあります。そのため、仕事を始める前に求人票の内容をチェックするのはもちろんのこと、採用担当者と採用後の働き方について話し合っておくことが大切です。